アクセス解析

糖尿病に効く食事療法のポイント

 

食事療法のポイントが知りたいあなたへ。

糖尿病の悪化や合併症を防ぐには、食事療法が一番重要とされています。

しかし、糖尿病になってしまった場合、
いままでのように好きなものや美味しいものばかり食べることが出来なくなり、
どのような食事を摂ればいいのか悩んでしまいます。

 

糖尿病の食事療法のポイントと注意点をまとめてみましたので、
食事療法の参考にしてみてください。

 

食事療法のポイント

食事療法のポイントとしては、

・決められた摂取量を守る
・炭水化物を摂りすぎないように注意する
・外食を控える
・バランスの取れたメニュー、規則正しい食生活をする

ことが重要です。

 

炭水化物の量を減らすと、血糖値の上昇を防ぐことができます。
炭水化物、特に白米には糖質が多く含まれています。
また、果物も糖質の多い食べ物なので、注意しましょう。

 

その他のポイントとして、

薄味にする

濃い味付けはごはんが進むばかりか、塩分を多く摂取してしまいます。
塩分の取りすぎは高血圧の原因になります。
干物、漬物、汁物、塩漬けの食品などは食べすぎないようにしましょう。

 

油は吸収が遅く、満腹感が続く

摂りすぎは良くありませんが、油には脂溶性ビタミンの吸収を促進する働きがあります。
上手に摂取することで、空腹感を抑え、脂溶性ビタミンを摂取することができます。

 

菓子、嗜好飲料を控える

菓子には炭水化物や脂質が多く、嗜好飲料にはブドウ糖や加糖がたくさん含まれています。
血糖値の上昇や中性脂肪が高くなりやすく、出来るだけ控えましょう。
お茶、コーヒー、紅茶などを飲むようにし、砂糖は入れないようにしましょう。

 

外食を控える

外食は油ものの料理が多く、味付けも濃いものがたくさんあります。
また、糖尿病の患者に指定されているエネルギーよりも高いため、
なるべく控えるようにしましょう。

最近ではメニューに栄養成分やエネルギー量が表示されているので、
参考にすると良いでしょう。

 

アルコールは原則禁止

飲酒をする場合は医師の指示を受けるようにしましょう。
アルコール類はエネルギーが高く、食欲が増えるため、たくさん食べてしまいます。

 

最近ではデリバリーによる糖尿病のための食事を宅配してくれるサービス
もあります。
食事のレシピを考える手間も省けるので、一度サービスを受けてみるのもお勧めです。

 

糖尿病の正しい食事療法を知りたいあなたへ

糖尿病 食事療法

詳細はこちらをクリック!

タグ

このページの先頭へ