アクセス解析

糖尿病の合併症を教えて!

どもり

 

糖尿病の合併症が知りたいあなたへ。

糖尿病にかかってしまった場合、一番怖いのは合併症と言われています。

 

糖尿病の患者は全国で247万人おり、糖尿病の治療を受けたことがない人でも、
「糖尿病が強く疑われる人」や「可能性を否定できない人」の数は合わせて
2210万人いるといわれています。

 

糖尿病は、初期状態では自覚症状がないため、健康診断などで血糖値が高く、
治療が必要と診断されても、治療を受けない人がいます。

糖尿病による病死の人は年間1万4千人にのぼり、
主な原因は糖尿病の合併症によるものです。

糖尿病の合併症として、患者数が多く代表的な病気に3大合併症というものがあります。

 

糖尿病の3大合併症

糖尿病神経障害

合併症の中でも最も早くあらわれる病気とされ、
末梢神経に障害を起こし、体の中で一番長い神経線維が通っている足や手先から
症状が起こります。

手足がしびれたり、怪我や火傷の痛みに気づかなくなります。
虫が這っているような感じや、何かをはさんでいる感じがあります。

症状が進行すると、針などの尖ったもので刺されるような痛み、熱感、足の腫れ
などが起こります。

また、自律神経にも影響を及ぼし、
異常に汗が出る、立ちくらみ、胃腸の機能不全などが起こります。

 

糖尿病網膜症

網膜の血管に障害を起こし、視力が弱まり、ドライアイ、涙目などがあらわれます。

失明する可能性もあり、白内障になる患者も多いとされています。

目の前にカーテンがかかっているような感じがしたり、
黒いものが飛んでいる感じがある場合、出血の恐れがあるため、早めの診察が必要です。

 

糖尿病性腎症

おしっこを作る腎臓の糸球体にある毛細血管の機能が弱まり、
おしっこを作ることができなくなってしまいます。
代わりに人工透析を用いておしっこを作り、排出するようになります。

糖尿病性腎症は腎移植の対象にはなっておらず、透析しか方法がありません。
透析になると半数の患者が5年以内に死亡すると言われています。

 

合併症は他に、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞、インポテンツなどの
病気があり、感染症にも弱くなります。

糖尿病にかかったら、食事などに気を使い、合併症を防ぐことが重要です。

 

糖尿病の合併症を防ぎたいあなたへ

詳細はこちらをクリック!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ